K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】金子大輝がラウェイサンダー炸裂予告、里見柚己は「やられる前にしっかり仕留める」

2020/01/24 19:01
【Krush】金子大輝がラウェイサンダー炸裂予告、里見柚己は「やられる前にしっかり仕留める」

ラウェイからの挑戦者・金子(右)を迎え撃つ里見

2020年1月25日(土)東京・後楽園ホール『Krush.110』の前日計量&記者会見が、24日(金)都内にて13:00より行われた。


 ライト級3分3R+延長1Rで対戦する、第6試合の里見柚己(K-1 GYM横浜infinity)と金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)は共に62.4kg、第5試合の川﨑真一朗(月心会ラスカルジム)と東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は共にリミットちょうどの62.5kgでそれぞれ計量をパス。4人そろっての会見に臨んだ。


 東本は「とりあえず計量はクリアしたので、あとは試合に向けて気持ちを整えていくだけです。何も言うことはないです。僕は誰とやっても引っ繰り返せる力を持っているので、こいつやったらタイトルマッチに行っても大丈夫かと、上を引っ繰り返せる力を持っていると思わせたい。昨年はいいところを見せられなったので2020年一発目から暴れて存在を示したい。最近いい結果を出してないので、今までのこと全て捨てて何もなかったと考えています。早くリングで暴れたい」と、まっさらな気持ちで名誉を挽回したいとコメント。


 川崎は「発表から期間が短かったんですが、しっかり仕上げてきました。明日はお楽しみに。メインは横山選手とゴンナパー選手のタイトルマッチですが、僕はあまり気にせず1試合1試合が全て。ひとつ負けると次も負けるかもしれないし、試合に呼んでもらえなくなる可能性もあるので目の前の相手を叩き潰すだけです。前回の試合で篠原選手に負けているので何が何でも勝ちを取りたい。相手の試合動画を見て研究してやるべきことは全てやった。自分でも成長をみられる期間でした。明日はそれを爆発させます」と、この試合に懸ける意気込みを語った。


 超過激格闘技ラウェイからの挑戦者・金子は「前回のK-1の試合(11月に林健太と対戦=KO負け)を踏まえてミャンマーとK-1ジム大宮で猛特訓を重ねてきました。明日は僕のラウェイサンダーをお楽しみに。ラウェイの時は減量がなく67kgでこのベルトを巻いたので、前回初めて62.5kgまで落としましたが今回はそこまでキツくなくベストコンディションです。ラウェイサンダーを炸裂させられそうです。。K-1からKrushに名前が変わって新年一発目の試合。ミャンマーに渡る前にKrushで裏方で働かせてもらったことがあったので、その舞台で僕も戦わせてもらえることにモチベーションは高いです。明日はとにかく僕のラウェイサンダーに期待してください。リングの上で全てを見せます」と、まだ見ぬ必殺技ラウェイサンダーをアピールした。


 里見は「計量パスできてホッとしています。明日は一発で終わらせます。ラウェイサンダーをやられる前にしっかり仕留めようと思います。明日はKOして格の差を見せて、大きい舞台で戦えるようにしっかりKOで締めます。(メインでゴンナパーに挑戦する)横山選手にはKO負けしているので、チャンピオンになってもらって、いつかリベンジして勝って僕がチャンピオンになれればストーリー性があるので横山選手に頑張って欲しい。2019年は悔しい思いをしたので、期間が空いてしまいましたが今までで一番強くなれた期間だと思うので、明日は期待してください」と、再起戦での勝利に自信を見せていた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事