その他
ニュース

【NARIAGARI】BOXファイトの10人トーナメントを無差別級で開催「優勝して皇治さんに挑戦したい」という猛者も、1回戦の全員が乱闘

2024/04/01 16:04
【NARIAGARI】BOXファイトの10人トーナメントを無差別級で開催「優勝して皇治さんに挑戦したい」という猛者も、1回戦の全員が乱闘

1回戦3試合全てで乱闘が起こった

 2024年4月21日(日)大阪・176BOX『NARIAGARI vol.4』の記者会見が、3月30日(土)都内にて行われた。

 今大会ではNARIAGARIオリジナルの『BOXファイト』(電話BOXのようなBOXの中に2選手が入って戦う)のトーナメントが無差別級で行われ、優勝者には記念のベルトと賞金が贈られる。


 会見ではトーナメント組み合わせの抽選会が行われ、事前のくじ引きで決まった順番でボックスの中からボールを引き、そのボールに書かれた番号順にトーナメントの好きな枠を選ぶというもの。その結果、以下の組み合わせに決定した。

▼NARIAGARI BOXトーナメント1回戦
昇平 ※会見欠席
木下勝利 ※会見欠席


田中航平
豊中マン


マナブ
豊田郁巳


てるちゃん
雄貴

※安岡光とでしゅはシード

▼NARIAGARI BOXトーナメント準々決勝
安岡光
昇平vs.木下勝利の勝者

てるちゃんvs.でしゅの勝者
雄貴

▼NARIAGARI BOXトーナメント準決勝
準々決勝の勝者
田中航平vs.豊中マン

マナブvs.豊田郁巳の勝者
準々決勝の勝者

▼NARIAGARI BOXトーナメント決勝戦
準決勝の勝者
準決勝の勝者

 各選手は次のようにコメントした。


昇平
「電話BOXの中で殴り合いましょう。無差別級で体重関係なし、身長関係なし、力と力の真っ向勝負、覚悟の違いを見せます」

木下勝利
「出場した理由は小さい沖縄県宮古島からでも、努力
して懸命に頑張れれば通常できることを証明したくて来ました。誰が相手でもバチバチにして倒そうと思います」

田中
「エンタメ系とかいろいろいますが、僕は本気で成り上がりたいのでこういうヤツらをぶっ飛ばして王者になりたい」

豊中マン
「1回戦から隣の熊男をKOしようと思うけど成り上がりたいと思います」

マナブ
「単純にラウンドガールの隣にちょっとでもおりたかったという、それだけ」


豊田郁巳
「僕が何試合かしているので気合いが違うところを見せつける。一番しか目立たないので、身長・体重関係ないので僕もガンガン行く」

てるちゃん
「自分がBOXファイトを引っ張っていくので4回勝ってベルトを獲ります。大阪オーディションで相手も面白そうなこと言ってるので準備運動くらいで4回勝ってベルト獲ります」

雄貴
「僕の誕生日に会見開いていただいてありがとうございます。こんな豪華なメンバーに誕生日をお祝いしてくれることで嬉しく思います。BOXファイトになんで出てるかと言ったら一からやり直して、また顏とか覚えてもらってそこからやり直そうかなと思って。隣の強面の人ですが僕より身体が大きいし、僕の根性を見せるのにいいカードだと思いました。強面vs.ジャニーズ系で。まあ、ジャニーズ系が勝つんですけれど」


でしゅ
「とりあえず俺は試合が楽しみでしょうがない。見た感じあまり強そうなやついないし、みんな俺がぶっ倒すので。みんなにこの格好してもらって記念撮影がしたい」

安岡
「必ずベルトを獲って皇治さんに挑戦しようと思います」

 BOXファイト用の必殺技を用意しているか、との質問には次のように答えた。

安岡
「軍人上がりなので軍人パンチ。ガトリングガンのようにボコボコにします」

田中
「そいつの人生と一緒で下を向かせてアッパーで仕留める」


てるちゃん
「開始10秒でちょうぱんで」

マナブ
「僕の一番の必殺技である、まだ世に出したこともないような技ですが、マナブリアンサワークリームです」

豊中マン
「高速ハイスピード全力マックスローキック」

富田
「釘パンチ。5連しか打ってないけれど」


雄貴
「けんちゃんパウダーです」

でしゅ
「左ジャブからのボディソープ」

 最後のフェイスオフでの撮影時には、1回戦で対戦が決まっている3組全てが乱闘。大荒れの記者会見となった。

 大会CEOの皇治は、無差別級は危険ではないかとの質問に「BOXは手が伸びきらないのでフルで打てないんですよ。リングの方が危ない。弱い者同士とか、プロと素人とか。その証拠にBOXファイトでは1回もKOがない。ちゃんと考えているんですよ。寸法も図って。ただBOXを狭くしすぎていて戦いにくいと言われたので、見えやすくするのとちょっとだけ大きくしてスリリングな試合にしたいと思います。喧嘩自慢のヤツらが殴り合う。安全面もOKなので」と説明した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント