MMA
インタビュー

【RIZIN】堀口恭司「大晦日にまずはしっかり勝つこと」そして「上の舞台に行って、まだ獲ったことがないベルトが獲れたらいいなと思っている」=大晦日連続インタビュー(8)

2023/12/29 23:12
 2023年12月31日(日)『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)の第17試合・フライ級(-57.0kg)王座決定戦 5分3Rで、堀口恭司(アメリカントップチーム)が、神龍誠(神龍ワールドジム)と対戦する。  両者は7月の『超RIZIN.2』で「Bellator世界フライ級初代王座決定戦」を争うも、1Rわずか25秒、堀口の偶発的なアイポークにより神龍が続行不可能となってノーコンテストとなった。  今回の再戦は『RIZIN初代フライ級王座決定戦」として、ケージからリングに変わり、5分5Rから5分3Rとなった。このことが与える影響はあるのか。そして、堀口が“その先”に見ているものとは(※計量前日コメントはこちら)。【関連記事】大晦日連続インタビュー(1)新井 丈大晦日連続インタビュー(2)斎藤 裕大晦日連続インタビュー(3)ヒロヤ大晦日連続インタビュー(4)新居すぐる大晦日連続インタビュー(5)YA-MAN大晦日連続インタビュー(6)皇治大晦日連続インタビュー(7)弥益ドミネーター聡志大晦日連続インタビュー(9)朝倉海 自分がここで断っていたらもう終わりでしたよ ――当初は「Bellator世界フライ級初代王座決定戦」だった神龍戦が『RIZIN初代フライ級王座決定戦」となりました。堀口選手はこの変更を受けてどのようなモチベーションで今回の試合に臨むのですか? 「みんなタイトルマッチのことばかり言いますけれど、自分は一試合一試合同じ気持ちで向かっていますね。タイトルマッチだから特別勝たなきゃ、とかではなく毎試合同じ気持ちで試合に臨んでいます。それはBellatorのタイトルであってもRIZINのタイトルであっても同じ。やることは変わらないですからね」 ――タイトルに価値を見出しているわけではない? 「それは試合に勝った後の付録みたいな感じで考えています(笑)。タイトルに価値がないという意味ではないですよ。まずはしっかり勝つこと、それが一番。ベルトは付録、と考えています」 ――王座決定戦によってBellatorのフライ級が新設されるはずだったのが、PFLとの関係でどうなるか分からなくなった状態です。それはモチベーションに影響しますか? 「いや、そこは別に。PFLがどうやっていくのか、Bellatorがどうなるのかが分からないので。末端の自分が考えたところで分からないことなので、切られたら切られたで別のところに行けばいいや、くらいにしか考えてないですね。だって考えてもしょうがないじゃないですか(笑)」 ――フライ級が新設されないとなったらバンタム級に戻る可能性も? 「まだ何とも言えません。何の連絡もないし、全く分からないです」 ――堀口選手的には? 「フライ級かなと思っていますね。フライ級の方が自分のパフォーマンスを発揮できるかなと」 ――Bellatorのタイトルマッチだったら5分5R、しかもケージでした。それが5分3R、リングに変わったことで神龍選手がBellatorルールよりは勝ちやすくなるとの見方もあります。 「そんなの“たられば”じゃないですか。関係ないです。両方やっていますけれど、やっていることは同じですからあまり変わらないです。ケージの方が追い詰めたりとか寝技には向いているとは思いますけれど、別に自分はどっちでも出来るので。強いて言えば詰めた時に相手がロープの外に出ちゃうので、そこで止められるのがちょっと嫌かな、くらいですかね」 ――21日に公開された『RIZIN CONFESSIONS』では、神龍選手は「格闘家ではないと思っちゃう」との発言もありました。 「あまり煽る気はなかったんですけれど、佐藤映像さんは使っちゃうんですよね(笑)。自分は本心を言っちゃうので、それをそのまま流しちゃうという。でもそうしないと煽りにならないのでしょうがないんじゃないですか」 ――でも本心ではある? 「お客さんがその試合を楽しみにして見に来ているのに、そこでやめてしまうというのは…。アイポークがあったかもしれないですけれど、ケージの中で目は開いていたし、自分で指を動かして目で追って確認していたんですよ。それでやらないという選択をしたので、根性ないなって。ま、プロではないんじゃないかなとは思ってしまいましたね」 ――アイポークになってしまったことは悪いと思っているけれど、そこで試合を辞めてしまったことには納得がいかないということですね。 「その試合を見にお客さんがお金を払って、時間をかけて見に来ているわけなので、そこは見せないとっていうのはあります。今回も自分はセミの方がよかったんじゃないかなと。メインでまた『出来ません』ってなったらどうすればいいんですか」 ――しかし試合後、堀口選手も「見えないならやるべきではない」と言われていましたよね。 「それは選手生命を考えて言ったわけであって、自分だったらやっていたと思います。ただそれだけです。再戦が決まったからいいけれど、再戦が決まらなかったらあそこでチャンスを棒に振ったようなもんになるじゃないですか。自分がここで断っていたらもう終わりでしたよ」 [nextpage] 公開処刑になるかもしれない ――神龍選手とはもうやる必要はないと思ったことも? 「一瞬なりましたよ。コイツとはもうやらなくてもいいかなって一瞬なったんですけれど、もう1回くらいはしょうがないか、と思って。まだ若いので、今後の未来に懸けてやることにしました」 ――ということは、プロというものを教える公開授業のような試合に? 「公開処刑になるかもしれない(笑)」 ――ああいう態度や発言をとられるのは腹が立つ、と。 「そりゃあそうですよ。試合に入れば冷静になるので関係ないですけれど、何だお前、という感じですね。でも、自分が言い返すと毎回敬語になるんです。だから無理に作っているんだなとは思っています。プロレス好きだから(笑)。それは分かりますけれど、誰に言ってるんだ? というのはありますね。プロレスじゃないんだぞっていう。だって目の前に来るとプルプルしてるんですよ」 ――今のところは彼のことは認められないという感じですか? 「もう試合は受けているし、強いことは強いのでそこは認めています。だけど、お前なに言ってるんだ、というのはあります」 ――そういう神龍選手を評価している部分も聞きたいですね。 「寝技は強いし、打撃も出来るし、ってところですかね。今後、格闘技をメジャーにしていくんだったらああやってちょっとは言わないと盛り上がらないので、そういう面でもちゃんと考えているんだろうなとは思います」 ――堀口選手は今後日本の格闘技界を盛り上げていく人たち、後進の人たちが育ってきて欲しいと思っていますか? 「それはもちろんです。自分とか朝倉兄弟がいなくなったら、多分ポカーンとなってしまうと思うんですよ。鈴木千裕くんとかもいますけれど、あまりパッとしないじゃないですか。だから、もうちょっと若手を育てないとダメだなと思っています」 ――神龍選手はその中の候補の一人ではありますか? 「いやぁ…あそこで試合を止めちゃうと…なれないんじゃないかなと思っちゃいますけれどね」 [nextpage] RIZINのベルトを獲ってUFC。まだ日本人選手がまだ獲っていないベルトだし、何だかんだ言って自分にしか獲れないと思っている ――例えば、鈴木千裕選手が堀口選手のようにもうひとつ突き出るためには何が必要だと思いますか? 「まず人に覚えてもらうことが大事なので、どんな選手も何回もリピートして出ていれば“あ、あいつだ”ってなるじゃないですか。それが一番大事なんじゃないかなと思いますね」 ――若い内にたくさん試合に出ろ、と。 「もちろん。人前に出ることがないと人は覚えてくれませんから。それでマイクとかでちょっと気の利いたことを言えればいいんじゃないですかね。もちろんその人の素質にもよりますけれど」 ――今の日本人選手たちは試合数が少ない? 「興行側からしても、使っても人が見てくれないというのもあるんじゃないですかね。PPVが売れない、だから使わないとか。平本くんが上手いのは、そこで悪口を言ったりして注目を集めているじゃないですか。そういうのは大事なんですけれど、そのやり方はどうなのかなという部分もありますね。自分は好きじゃないです」 ――その話の流れで、自分の試合以外で興味のある試合は今回ありますか? 「アーチュレッタと海くんは楽しみですね。それ以外は知らない(笑)」 ――会見で来年の動きについてお聞きした時に「2024年はもっと上の舞台、先を見ていきたいと思っています」と答えていましたね。 「上の舞台に行って試合が出来たらいいなと。まだ獲ったことがないベルトが獲れたらいいなと思っています。まあ、大晦日にちゃんとRIZINのベルトを獲らないと何も言えないですけれどね」 ――それはズバリ、UFCですか? 「UFCですかね。日本人選手がまだ獲っていないベルトだし、何だかんだ言って自分にしか獲れないと思っているので挑戦したいと思っています」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント